血糖値が上がる糖尿病を防ぐには|食事や薬で症状を改善

男女

血糖値上昇原因とその後

医者と患者

血糖値の上がる原因

糖尿病とは、血液中を流れるブドウ糖の量やブドウ糖が赤血球中のヘモグロビンと結びついてヘモグロビンA1cが、ある一定量より多い状態のことです。(ヘモグロビンA1cとはブドウ糖とヘモグロビンが結び付いたものですから、その寿命は、ヘモグロビンの寿命の半分くらいの時の血糖値の平均を示します)。この状態になると、血糖が高い事そのものによる害とともに、ブドウ糖が血管内皮のたんぱく質と結びついて、身体中の毛細血管を破壊して、神経症害や目が見えなくなったり、腎臓障害を起こします。糖尿病には、?型と?型があり、?型は血糖値を下げるインスリン(血液中を流れるブドウ糖を細胞内に取り込むホルモン)を作る膵臓のβランゲルハンス氏島が破壊されることにより起きます。?型は、この病気の患者の10%で、殆どが?型です。?型は、インスリンの分泌がへったり、脂肪組織や肝臓の細胞にブドウ糖が吸収されにくくなり、血糖値があがるためにおきる病気で予防が科のです。

血糖値上昇後

糖尿病は、血液中のブドウ糖の量が増え、尿中にブドウ糖が出ることから名づけられましたが、正常な人の空腹時血糖は60〜100mg/dlであり、ヘモグロビンA1cは4.6〜6.2%です。?型糖尿病ではインスリンを注射する事により、治療をします。?型においては、遺伝的に糖尿病になりやすい人が、糖尿病になりやすい生活習慣を送ることによって、発症、悪化をします。遺伝的にインスリン分泌低下が起き、慢性に高血糖になると、ブドウ糖をグリコーゲンとして蓄える筋肉や肝臓や脂肪組織でインスリン抵抗性が起き、インスリンがあっても、ブドウ糖の量が血液から低下せず、さらに高血糖になってしまいます。この高血糖が、体内の端の悪質の唐家をすすめ、身体に糖毒性を示すのです。治療法は、食事療法と運動療法そして経口血糖降下薬を使い、それでも効果がインスリン注射を始めます。

癌に対する新しい治療方法

看護師

癌性胸膜炎は、これまで治療が難しい病気とされてきました。しかし近年ではNK細胞療法が有効であるということがわかり、病気で苦しむ方々に人気を集めています。ナチュラルキラーを細胞を活性化させ、自身の力でがんに打ち勝つ免疫療法となります。

詳しく見る

早く見つけて適切な対処を

ナース

乳がんは早期発見すれば完治しやすい疾患であるため、適切な検診を定期的に受け、何かあった場合には専門外来を受診することが大切です。検診も、年齢に応じて検査方法を考えたり、時には違う施設で検診を受けるなどの工夫をしましょう。

詳しく見る

カラダに優しい治療法です

ドクター

新たながんの治療法として注目されているのがNK細胞療法です。血液内のリンパ球を活性化、培養してNK細胞体内で活発に活動する事でがん細胞を叩く治療法です。副作用もなくがん細胞のみを叩く体に優しい治療法として、注目されています。

詳しく見る