血糖値が上がる糖尿病を防ぐには|食事や薬で症状を改善

医者

癌に対する新しい治療方法

看護師

胸に水が溜まります

日本人の死亡割合が多いことでも知られる「がん」は、様々な辛い症状を引き起こすことでも知られています。癌性胸膜炎と呼ばれる病気も、がんが引き金となって現れる病です。肺に癌細胞が広がることで、胸に水が溜まってしまいます。咳が出るのが主な症状ですが、病気が悪化すると呼吸のしづらさや胸の痛みを感じることも多いと言われています。そんな癌性胸膜炎は、治療が難しい癌としても知られてきました。一度胸水を抜いて治療を施したところで、すぐにまた胸水が溜まってきてしまうためです。しかし近年、癌性胸膜炎にはNK細胞療法が効果的だということがわかり、人気を集めつつあります。比較的新しいがん治療の方法ですが、これまでの治療法と比較して身体への負担が少ないことも魅力だと言えるでしょう。

NK細胞療法の特徴とは

癌性胸膜炎の治療で効果が期待できると言われているNK細胞療法は、ナチュラルキラーを使った治療法のことを言います。ナチュラルキラーとは、患者さん自身が持っている免疫力のこと。これを高めることで、体内の癌細胞をやっつけていきます。いわゆる免疫療法と呼ばれるものの一つですが、異物への攻撃力に特化したNK細胞を強くすることで、より効果が期待できると言われています。癌性胸膜炎は、がんの状況が悪化しているときや、全身に転移しているときなどに表れやすい病気です。治療法がないまま、ネガティブな気持ちに襲われてしまう方も少なくありません。しかしNK細胞療法であれば、挑戦できる可能性もあります。まずは積極的に採用しているクリニックや病院を探してみるのも良いでしょう。