血糖値が上がる糖尿病を防ぐには|食事や薬で症状を改善

医者

カラダに優しい治療法です

ドクター

最先端のがん治療法として注目されているのがNK細胞療法と呼ばれるものです。1970年頃発見されていて、血液からリンパ球をとり、それを培養技術によって刺激し増殖、活性化させ、体内に戻します。そうすれば活性化したリンパ球ががん細胞に向かって攻撃を行いがん細胞を叩く治療法です。がん細胞とは正常細胞のような目印がなくこれをNK細胞が攻撃してくれます。抗体医療と併せることによってより高い効果を出す事も特徴の一つです。最新の医学ではNK細胞を大量に増殖したり、培養出来る様になりましたので更なる効果も期待できる様になりました。もともと体内のリンパ球を活性化させるので、副作用がなくがん細胞のような異常な細胞のみ叩いてくれますのでNK細胞療法は体に優しい治療法ともいえるでしょう。

NK細胞療法の一番のメリットは、体内のリンパを活性化させるという店で拒否反応やアレルギーの心配がほとんどないという所です。一般的にがん治療を行う際には抗がん剤治療や放射線治療等体に負担をかけるケースが多いのですがNK細胞療法は身体的にも精神的にも負担がほとんどありませんので、通院しながらの治療も可能ですし、抗がん剤治療や放射線治療との併用も可能になります。がん治療といえば、どうしても転移や再発と言ったリスクがありますが。体全体のNK細胞を活性化させるメリットもありますので、転移や再発のリスク予防には非常に有効的な治療法とも言えます。治療自体もまずは採血を行い採取した血液のNK細胞を活性化、増殖させて体内に点滴して戻すだけですので、時間的な負担も少ない治療法と言えます。