血糖値が上がる糖尿病を防ぐには|食事や薬で症状を改善

医者

早く見つけて適切な対処を

ナース

専門外来を受診する

食生活の欧米化などに伴い、日本人の乳がんの発生率は上昇していると言われ、身近なところで患う人がいるという人も多いのではないでしょうか。医療の進歩に伴い、一言にがんといってもその治療法は様々で、発生部位やタイプによって適切な方法は変わってくるものです。乳腺は進行すると転移が心配されるため、発見が早ければ早いほど完治しやすいと言えます。大切なのはいかに早く適切な診断を受けられるかという事であり、そのためには専門外来を受診するのが一番確実と言えるのです。特に自覚症状のないうちは一般的な検診施設で定期的に適切な乳がん検診をうけ、そこで何か所見が認められた時には乳腺外来のある病院を受診するというのが安心です。

検診で大切なこと

一言に乳がん検診と言っても、マンモグラフィーや超音波検査、視触診と検査にも種類があります。それぞれの検査で得意分野が異なるため、毎年すべての検査を受けるのが一番安心ですが、難しければマンモグラフィーと超音波検査を交互に受けるのも推奨されています。ただし、年齢が上がるにしたがって起こりやすくなる乳腺の石灰化はマンモグラフィーの方が発見しやすいといわれますし、乳腺の発達した若い世代は超音波検査の方が適しているといわれています。また、乳がんの位置によって見落としやすい事もあるため、時には異なる施設での検診を受けてみるのも良いでしょう。自分の体を守るのは自分自身ですから、家族歴があるなど乳がんリスクがある人は尚の事、確実な検診を受けるようにしましょう。